子犬が震えるのは病気の時だけではありません。

子犬が震える原因は寒さや病気の時だけではなく、感情表現する時も震えが出ることがあります。

この記事は犬の飼育が初めての方、うちのワンちゃん震えるけどなぜ?と思っている方に向けて書かせていただきました。

<この記事を書いた人>

シュナプー「ひなちゃん」のお母さんです。簡単なプロフィールをご紹介していますのでひなひなネットについてもぜひご覧ください。

アイキャッチ画像:れのみみさん

もくじ

震えるのは寒いから?

初めて子犬をおうちに迎い入れたばかりの頃は分からないことだらけですよね。

うちのひなちゃんはご飯を目の前にすると震えるので、「寒いの?」「具合が悪いの?」と最初は思いました。

しかし、食欲旺盛だし、元気に遊ぶし、どう見ても具合が悪いように見えないし、寒そうな感じにも見えない。

「これは早く食べたくて震えているんだ。」「ご飯を目の前にして嬉しくて震えているんだ」と思いましたが、今後のためにも犬が震える原因を調べてみました。

ここでは、「寒さと病気以外の原因」で震える原因をご紹介させていただきますね。

子犬が震える原因

画像:picaroさん

子犬が震える原因は寒さや病気だけではありません。

先程も書きましたがここでは、「寒さと病気以外の原因」で震える原因をご紹介させていただきます。

日常生活が普段通りに送れているなかでたまに震えることがある、という程度であれば、さほど心配いらないことがほとんどです。

引用元:いぬと暮らす、ねこと暮らす。

たまにプルプルと震える程度なら、特に問題ないようですね。

しかし、病気が隠れている場合もありますので飼い主さんがよく観察する必要があります。そして、少しでもおかしいなと思ったらすぐに獣医さんに相談しましょう。

病気以外の原因として、感情を表現していることがあるそうです。「嬉しい」「怖い」などがそうです。

「感情の問題」についていくつか紹介します。
興奮している犬は興奮している時にも震えることがあります。
久々に飼い主さんに会えて嬉しい時に声を出しながらプルプルしていたり、逆に大嫌いな天敵に出会って「これ以上こっちに近づくんじゃない!」と感じている時などが興奮状態になります。

~中略~

恐怖を感じている雷や花火の音、他の犬、或いは知らない人間や正体不明のものなどを前にした時、飼い主に叩かれるのではないかと不安を感じた時など、「恐怖を感じた時」に震えてしまう場合があります。

引用元:いぬのきもちNEWS

ひなちゃんの震え

ひなちゃんはご飯を目の前にするとプルプル震えてしまいます。最初は「震えてる!大丈夫?」と心配になりました。

しかし、ご飯の準備をしている時やご飯の器を見た時など、ご飯の時になると震えが出るので、「そんなに食べたいの?ご飯の時間が嬉しいの?」と思い、病気や寒さではないと判断いたしました。

★ご飯が食べたくてブルブルしちゃう様子は動画でご紹介しています。

低血糖で震えることもあるようですが、ひなちゃんの場合は関連がなさそうです。

抱っこしてお散歩に出るようになりましたが、たまにブルブルっと震えることがあります。

その時は寒さもあったと思うので早めに切り上げました。それと、大きな音をたてた車が横を通った時も少しブルブルっとしました。これは、音にビックリしたのだと思います。

抱っこお散歩デビューの記事はこちら

子犬のお散歩デビューは抱っこから始めましょう。

ここでは、病気以外の震えについてご紹介しましたが、少しでも不安がある時は必ず獣医さんに相談しましょう。